お墓・墓石に関するよくある質問集

HOME > よくある質問集 > 墓地の【永代使用料】とは?土地代とは違うの?

墓地の【永代使用料】とは?土地代とは違うの?

墓地購入の際に必要となってくる項目で、
【永代使用料】というものがございます。

この永代使用料とは一体どういう意味なのでしょうか?
土地代とは違うのでしょうか?

ご一緒に考えていきましょう。

ということで、
墓地の【永代使用料】とは?土地代とは違うの?
をお送りします。

墓地の永代使用料とは


永代使用料とは、
墓地を建てる為の『敷地の使用権を得る為に必要な料金』のことです。

ここでミソなのは、
「永代使用料」≠「土地代」
ということです。

あくまで、
『その区画を墓地として使用する為の権利を得る為の料金』であり、
『土地を買い上げる』こととは、
まるで【別の意味合い】になります。

あくまで土地は霊園の持ち物(寺院なり、公民なりの所有)です。
【一軒家を購入する】ことに対しての、
【借家での家賃】の関係に近いでしょうか。

永代使用料は永年保証ではない


さらにここでまた語弊があるのですが、
【永代使用料】の“永代”に関してです。

「永代」=ながい年月。永世。
goo辞書から引用。

永代、永続性というか、
一生涯、永遠に、
などのような印象を受ける言葉です。

しかし実際のところは、
【年間管理料の未払い】や、
【各霊園ごとのルール】に則らないのであれば、
その使用権利はすぐに揺らいでしまうものです。

当然、
住宅に例えてみても、
家賃を滞納していては、
出ていかざるを得なくなってしまいます。

【お墓でも同様】のことが言える訳ですね。

永代使用料の【価格】


『永代使用料は土地と同じで地価によって変わります』

一等地と、
地方の過疎地では、
永代使用料も変わってくる訳ですね。

ですから、
【建墓総費用】で見れば、
同じ石を使い、同じデザインで建墓した場合、
地方の方が遥かに安く仕上がる訳になります。


また、
公営の墓地・霊園であると安い傾向にあるのも事実です。

裏を返すと民営の墓地・霊園であると、
相対的に高い印象になってしまうことも事実です。
(造成費用などを民間会社が手出ししている分もある為)

永代使用料と一口で言っても色々なことが関連してくる訳ですね。

まとめ


墓地購入の際には必ず必要な【永代使用料】
その金額は地方や墓地・霊園によって、
千差万別の値段になります。

お墓のデザインもさることながら、
永代使用料なども考慮に入れて墓地を選ぶようにいたしましょう。

米陀石材店に相談する

よくある質問集一覧を見る