お墓の基本的なデザイン/設計について

一般的に昔ながらの和型や、現代的な洋型のお墓を選ぶ人が多いですが、これ以外のデザインでも対応可能です。

近年は個性の多様化に合わせて、様々なデザインのお墓が登場しています。

故人様の趣味を形にしたものから、ちょっとした丸面加工まで、お客さまのご希望に沿った形を実現したいと思います。

お気軽にご相談ください。

和型の墓石デザイン

皆様の思い浮かべるであろう、お墓の典型的な形です。

お墓の一番上に「竿石(さおいし)」と呼ばれる縦長の墓石を乗せた形のお墓です。

江戸時代から長く続く和型の墓石のデザインです。

「○○家之墓」と彫刻するのが一般的です。

洋型の墓石デザイン

和型のお墓と違い、高さが低く横長のものを洋型のお墓と言います。

その形状から、「オルガン型」と呼ばれることもあります。

現在では、お墓を建てる方の約半数以上の方が、洋型のお墓をお選びになっています。

また、彫刻も「○○家之墓」ではなく、好きな漢字や単語を彫ることが多いです。

承継者がお嫁に出て苗字が変わってしまった場合など、「やすらぎ」や「愛」といった文字を彫ることで、どの名字の方も入りやすいお墓として使用することが可能になります。

※お墓の名字が異なっていても、そのまま使用することは法律上では問題ありません。

Copyright© 米陀石材店 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.