パワーアシストスーツ

近未来には腰痛がなくなるかもしれない。革新技術が3万円台で使用可能な時代へ

腰痛イメージ

腰痛イメージ

腰が痛い。

何をするのにも、いいえ、何もしていない時でもうずく鈍痛。

とても嫌なものです。

何をすれば治る、すっきり完治する、というものでもないから、余計に厄介なもの。

腰の痛みは、筋力不足や疲労、無理な姿勢での作業などによって引き起こされてしまいます。

これを革新技術で予防する。負荷を軽減する。

それこそが画期的な最新技術、パワーアシストスーツなのです。

アシストスーツを10種類ちかく試着し、そして常用している私が、アシストスーツはなにがいいのか?どのアシストスーツがいいのか?デメリットもあわせて詳しくお伝えします。

 

パワースーツで超人的パワーを得るのはまだ時代が追い付かない

パワードスーツ超人イメージ

パワードスーツ超人イメージ

私は昔から腰痛に悩まされていました。

仕事では、どうにか楽に効率的に疲れないようにやれないものか、常々考えていました。

何かいいものはないものか…?

そう常々考えておりました。

パワードスーツってなんとなくは見たことがあった気がしていました。

動力か何かで、楽々と重いものを持ち上げる、そんな技術が売っていないものか?と幾たびか調べたことがありました。

しかし、そういった技術はないこともないのですが、研究段階であったり、軍事利用だったりと、とても民間利用で手軽なものではなかったのです。

(今後の研究発展には期待しています)

注意ポイント

※動力付きのものも販売されていますが、60-100万円以上する上に、ただアシストされるだけで、自分の力以上の大きな力を生むものではありません。

わかりやすい例で言えば、電動アシスト自転車と同じです。

姿勢が悪い人や腰に不安を覚える人へ|腰痛の原因と改善方法

実は腰痛の原因なんてわかりきっているんですよね。

注意ポイント

  • 筋力がない
  • 姿勢が悪い
  • 関節や筋肉の柔軟性が悪い
  • 運動不足
  • 腰へ負担のかかる作業
  • 無理な姿勢での作業

※もし、これらにまったく心当たりがないのに腰が痛い場合、病気の可能性があります。

お早目に病院へ行くことをおすすめします。

生活改善をするのが第一であることは間違いありません。

筋トレや運動をして、ストレッチをする。

食べ過ぎ飲みすぎを控えて、肥満を解消する。

腰痛対策には必須です。

 

無論、私も取り組んでは…いるものの…

これらを徹底するのは、かなり難しいものです。

また、そもそも仕事や家事育児での作業をしないわけにはいきません。

腰痛が原因で仕事をやめざるをえなくなってしまうなんて、悲しいことが起きてしまうこともあるわけです。

 

なので、腰痛予防の一助となるべくアシストスーツを活用したいわけです。

私がおすすめしているサポートジャケットは以下のポイントを助けてくれます。

ポイント

  • 筋力がない
    →腹圧を高め、関節ベルトによって筋力をサポート
  • 姿勢が悪い
    →人体工学に基づく特許技術によって姿勢を矯正
  • 腰へ負担のかかる作業
    →30~43
    %もの負荷軽減効果
  • 無理な姿勢での作業
    →姿勢矯正効果と筋力サポート

アシスストスーツって高そう…?腰痛や腰予防にかかる費用を計算してみる

アシストスーツって確かによさそう、そうは言えども…

できることならお金をかけたくないのが人の常です。

でも、よく考えてみてください。

腰痛治療や予防って結構なコストがかかる話です。

それらのコストを先払いしたと考えれば、安いものだと私は考えます。

鍼治療

鍼治療イメージ

メモ

  • 整形外科:200円~6,000円
  • 鍼灸:1,000円~10,000円
  • マッサージ:2,000円~6,000円
  • 湿布や塗り薬など:数百円~3,000円
  • それらに伴う交通費

腰痛って慢性化しやすい症状です。

1-2回治療したら治るというものではないので、継続的にコストが発生してイヤなんですよね。

だから、発症させない。予防することが大事なんです。

なにより痛くなるのはイヤです。

アシストスーツはどんな作業に向いているのか

 

もともと私が肥満体型ということも腰への負担が大きくかかってしまう原因のひとつでした。

痩せれば…とは簡単にできるならそうしたいのはやまやまですが…

それに今の私の石材業というものも、腰への負担が大きいものばかりです。

墓石はもとより、25kgもあるセメントや、同じく30~40kgはあろうかという発電機などなど、重いものを持つことは日常茶飯事です。

穴を掘ったり残土を運んだりなどという建設現場としての仕事も、かなりの負担がかかります。

 

ではアシストスーツは重作業者にしかオススメできないのか?というと、そうでもありません。

これは、実際に使っていて実感することでもあるのですが…

むしろ短時間の重作業というよりは、長時間の軽作業の方が導入を考えた方がいいかもしれません。

※長時間の重作業の方は、いの一番に導入を考えてください。

疲労軽減効果は30-43%程度です。

例えばガッと10の作業を短時間でやったら、単純に3-4の軽減です。

長時間かけてゆっくりと100の作業をやったら、30-40の軽減になるわけです。

長い作業であればあるほど、効果を実感しやすいのは間違いありません。

アシストスーツはどんな人に向いているのか

正直、ちゃかちゃか動ける若い人には無用の長物かもしれません。

※個人的には若いころから腰痛持ちだったので、予防の意味合いや歳をとってから苦労しないためにも、早いうちからの着用をおすすめしたいですが。

やはり、アシストスーツはこんな方におすすめかもしれません。

 

 

こんな方におすすめ

  • 身体にガタが出てきやすい40代後半
  • どこかしらに不安を抱える50代~60代
  • 頑張って現役を続ける70代
  • 体力的に劣る女性

 

健康的に長く働くために。

昔のように動けなくなったと感じた時に。

そんな方は導入を考えてみてください。

パワーアシストスーツ革新の新技術が3万円台は安すぎる

サポートジャケットBb+シリーズ

サポートジャケットBb+シリーズ

私が推すアシストスーツ、サポートジャケットは35,200円or49,500円です。

※2モデルあります。

この価格は画期的だと断言します。

アシストスーツが出始めた頃は、どれもこれも、20万円とか50万円とかする高級なものしかなかったんですよ。

さすがに二の足を踏んでしまう金額です。

それに比べたら、格安に思えてしかたありません。

3万円台で始められる腰痛予防、試してみませんか?

アシストスーツ実際の使用感は?

すでに4カ月ほど使用しておりますが、感想を一言でいうなら…

一度使ったら手放せないです。

腰が疲れにくくなり、バンバン動けるようになりました。

※あくまでも個人の感想です。

やっぱり腰が痛くないですむと、全体的な動きが活発になります。

すっすっと動けるんですよね。

作業時間の短縮について、実証結果もあります。

作業時間の違い

作業時間の違い

引用:【サポートジャケット(Bb+PRO)】三井化学株式会社様の声 動画内より

本来ならへばってしまうところを、より長時間動けるようになるわけです。

作業効率がアップするわけです。

こちら、自分でもけっこう実感していまして、機械に頼りがちだったところ、着用後は、いいや自力でやっちゃえって、若いころのようにやれるようになりました。

アシストスーツのデメリットは?

デメリットや解決すべき問題点はまだまだあるのかもしれません。

その中にあって、私が感じるデメリットは…

調子に乗り過ぎると普通に疲れるし、無理な姿勢で強引に作業をしてしまうと痛めてしまうこともあるということでしょうか。

アシストスーツはあくまでも自力の補助であり、疲労軽減であるということを忘れてしまうと危険です。

無理な姿勢で長時間、重い仕事をすれば、当然疲労はしますし、痛めやすい環境だということは変わりないのです。

サポートジャケットにおいては、姿勢の矯正効果も期待できはしますが、その中にあっても、無理やり悪い姿勢で行ってしまうと、当然負荷が増してしまいます。

あくまでサポートであって、ギプスではありません。

動きやすい、疲れないからといって、無理をしすぎは禁物です。

逆にその他のよくあるデメリット、着るのがめんどうとか、暑い、邪魔だ、などということについては、私はまったく感じません。

その他のデメリット例

  • あくまでも補助であること
  • どうしても値が張る
  • 重量問題
  • 装着のわずらわしさ
  • 類似品や種類が多すぎて選びにくい
  • 暑い?

サポートジャケット導入事例一覧

「確かによさそうな技術ではあるけれど、いまいち自分の業態になじむか不安…」

という声は多いと思います。

だって、まだ普及率が低いから。

業種によっては、ぜんぜん導入されていません。

 

私はお墓を建てたり壊したりといった石材業です。

中小零細企業が多い業種ということもあり、先進技術を導入している事業所は非常に少ないです。

アシストスーツに至っては、横浜に至ってはゼロではないでしょうか。

ただし、これはまだ知らないから、普及が進んでいないだけの話です。

どういうものなのかを知り、価格とパフォーマンスのバランスがどれだけのものかの理解を得られれば、どんどんと普及が進むものと考えています。

 

サポートジャケットBb+は業種を問わず導入が進んでいます。

一例をご紹介します。

鉄工所導入事例

水産事業導入事例

幼稚園保育園導入事例

ガス・米販売会社導入事例

介護サービス導入事例

建設・土木導入事例

デスクワーク導入事例

 

これらはあくまで一部の事例です。

今後さらに業種問わずで拡大していくことは間違いないでしょう。

業種や会社の中で先駆けとなって導入してみるのは、一歩が重いかもしれません。

しかし、その一歩が労働環境の改善に役立つ大きな一歩であるかもしれないのです。

アシストスーツなんてどれも一緒じゃないの?

あらゆる作業姿勢に効果を発揮

あらゆる作業姿勢に効果を発揮

パワーアシストスーツは「どれを選べばいいの?」というくらい、多くの種類が登場しています。

私自身、10着弱の試着経験があります。

やっぱり比べるとサポートジャケットがいいです。

ポイント

  • 軽い
  • 骨が効く
  • コスパがいい

シンプルです。

着けてて軽い、それでいてしっかりとした反発力、アシスト力を背中に感じることができます。

これは、他のスーツも試してみないとわからないかもしれませんが、背中に骨が通っているのってサポートジャケットだけなんです。

特許技術ですからね。

バックボーンプラス

バックボーンプラス

この骨がいいんです。

他のスーツは背中はゴムとかベルトしかないんですよね。

頼りない印象なんです。

で、値段もちょうどいい。

あくまで個人の感想ではありますが…

他のスーツって安いとチープだし、高いと重いし、同価格帯だと骨がなくて頼りないし…

軽くて骨があってコスパがいい、三拍子そろってるのがサポートジャケットなんです。

 サポートジャケットBb+他社製品
重量600g-700g600-数kg
価格35,200円
or
49,500円
1万円~100万円超
動力色々ある
開発製造元東証スタンダード上場
UPR株式会社
非上場企業がほとんど
姿勢矯正効果人間工学に基づいた特許技術
Bb+(バックボーンプラス)により実現
※金沢大学との共同研究
なし

姿勢矯正効果という特筆すべきポイント

バックボーンプラス

バックボーンプラス

人間工学に基づいた姿勢矯正特許技術、第二の背骨バックボーンプラス。

こちらは、他のアシストスーツにはない特筆すべき機能です。

結局のところ、腰に負担がかかる、腰が痛くなるのは悪い姿勢、無理な姿勢で動くことによる負担の激増が一因です。

良い姿勢へと矯正してくれるサポートジャケットBb+は、単なる腰の負担軽減に+αをもたらしてくれるのです。

\さらなる一体感を持つ上位モデル/

Bb+PROⅢ 詳細ページ

※価格49,500円(税込み)

実際にサポートジャケットを導入した企業の声

サポートジャケット個人のリアルな口コミ評判はどう?

サポートジャケットは企業でなくとも購入可能です。

また、値段も個人で手が届く範囲ですから、どんな方が使ってもOKの商品です。

なので、どういったクチコミがあるのか、SNSを中心に調査し、まとめました。

口コミ

  • 「農作業に使える、疲れが半減する」
  • 「長時間の肉体労働でも楽」
  • 「除雪をしてみようと思う」
  • 「同じ中腰姿勢による腰痛が楽になりました」
  • 「半信半疑でしたが、買ってよかったです」
  • 「電動や空気圧のものは高すぎて手が出ないけど、これなら」

 

 

 

 

 

感想は概ね良好なものが大多数です。

腰の負担軽減を実感できている人が多くいらっしゃいます。

サポートジャケット悪い口コミはある?

悪い口コミがないかも探しました。

注意ポイント

  • 「負担軽減で力が出るわけじゃない」
  • 「値段が高い」
  • 「しゃがんだりかがんだりできない」
  • 「ひざや肩が痛い」

値段については、高いか安いかは、その方によって変わってしまうので、何とも言えません。

万が一ケガをしてしまった場合の医療費や人件費と考えれば、非常に安い買い物だとは思いますが…

また、しゃがめないとかどこかが痛くなったという感想は、正しく着用できていない可能性があります。

私もそうですが、ろくに説明書を読まない人って多いですからね…

何度も何度も何度も赤字太字で注意書きしてあるんです…(笑)

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

サポートジャケット 取扱説明書内注意事項

自分もついつい、きつく締めれば締めるほど効くんだろうな、って思いがちですが、ガチガチ、ギチギチにしてしまっては、身体によくないことは明白です。

取説にも、ちゃんと書いてあります。

フィッティングの正しさのチェックは難しいかもしれません。

必要でご相談いただければ、動画や写真、オンラインなどで着用のチェックをいたします。

お近くの方でしたら、ご訪問も可能です。

\さらなる一体感を持つ上位モデル/

Bb+PROⅢ 詳細ページ

※価格49,500円(税込み)

サポートジャケット愛用中|私の個人的な感想

初めて商品が届いた時はワクワクしました。

なにせ、安い買い物ではありませんからね。

どうしようもない使えない道具、自分には合わないものだったらどうしよう…と不安に覚えていました。

しかし、フタを開けてみればなんてことありません。

あぁ、こんなに良いものがあったんだ、と感じました。

 

ただ、最初の着用時は困惑もしました。

着てみないとわからない、今までに体験したことのない独特の感覚があるんです。

引っ張られて、反発する。

それが肩腰膝と連携している。

一体感、と一言で表現するのは簡単ですが、それ以上の感覚があるわけです。

この感覚は、痛いとかキツイとか苦しいとか、そういうものは一切ありません。

ただただ、新しい感覚だな、という感じ。

着用に慣れてからは、逆にこれがないと物足りないというか、ないと不安は言い過ぎですけれども、常に着けていたいという気持ちです。

 

実際問題、疲労や負担軽減効果を実感していますので、費用対効果は抜群だと言えるでしょう。

逆にこんな安くてもいいの?と感じてしまいます。

ハードに毎日使っても3-5年は持つということですからね。

 

また私が使用しているのはFIT WIDEではありますが…

ひいき目とかなしに絶対PROⅢの方がいいんですよね。

私、アシストスーツってものが初めてでしたから、やっぱり35,200円と49,500円が並んでいたら、安い方で試してみたくなっちゃうじゃないですか?

FITでも十分効果を実感できてはいるので、失敗した!とまでは言いませんが、PROⅢの方が全身をしっかりと包んでくれる感じが、より一層増すんです。

まさに値段相応といったところです。

FIT WIDEを着つぶしたら、次は絶対にPROモデルを購入したいと考えています。

サポートジャケットここに注意!

一応、悪い部分の感想も付け加えておくと…

気になる点

  1. 認知されていないため目立つ
  2. 肥満体型の人は見た目に注意
  3. ハードに動けすぎて逆に疲れる

こんなところでしょうか。

ひとつずつ解説していきます。

1.認知されていないため目立つ

良くも悪くも、着用時に目立ちます。

冬場などは羽織ってしまえば、そこまで目立ちませんが、それでもひざ部分は露出します。

完全に隠したければ、大きめのズボンをはけばよいですが…

普通に着用していると、どうしたって何かよくわからないものに縛られている人となります。

個人的には気になるポイントでもないのですが、奇異の目を向けられる人はイヤかもしれません。

 

また、個人的には、常に着けていたいんです。プライベートでも。

姿勢が悪いというのもありますし、子供がまだ小さいため、どうしたって中腰姿勢や抱っこで腰にくるんです。

でもさすがに私服で、幼稚園の送迎に着けていくのはまだちょっと…

 

先日はUPRの営業さんたちと話している中で、冗談交じりに「着用して通勤すればいい」なんて話になったものの「いやいや電車でこれは(笑)」となっていました。

ここに問題が集約されていると思うんですよね。

商品の開発目的としては、常時着用で問題ないはずなんです。

パワーアシストスーツがもっと一般化し、認知や普及が広まれば、なんとも思われなくなる未来もあると思うんです。

 

コロナの時のマスク着用の有無みたいなものでしょう。

最初は「いつでもどこでもマスク??」と違和感だらけでしたが、時がたつにつれ、逆に「なんでマスクしないの?」「マスクしろよ(怒)」といった雰囲気にまでなりました。

アシストスーツも、より普及が進めば当たり前の時代になるかもしれないのです。

というより当たり前に認知、普及された方が、誰しもの健康のためにプラスな世界となるでしょう。

2.肥満体型の人は見た目に注意

腰ベルトの特性上…

寄せて上げる効果がすごいんですよね、腹肉を。

 

まぁ…上着を着てしまえば問題ないのですが…

気になる方にはイヤなポイントかもしれません。

3.ハードに動けすぎて逆に疲れる

疲労や負担軽減ということで、ついつい動け過ぎてしまいます。

動けるからと言って、無理して動くと当たり前に疲れてしまいますので、注意は必要です。

また、あくまで腰痛予防であって、負担を軽減するものです。

無理な姿勢を長く続ける、超ハードな作業を続ければ、腰を痛める可能性はゼロではありません。

適宜、休憩は取りながら作業しましょう。

こちらの文章を書いた時点で4カ月ほど使用しています。

アシストスーツはサポートジャケットが初めての体験でした。

私が使用しているのはサポートジャケットBb+FIT WIDEです。

PRO3も何度か経験済みです。

お気軽にご相談ください

UPR社製パワーアシストスーツ、サポートジャケットBb+シリーズについて、何か気になる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

当店は正規販売店契約を結んでおります。

ご回答できる範囲でお応えさせていただきます。

※質問内容によってはメーカーに問い合わせてからの回答となるかもしれませんので、その場合はお時間ちょうだいします。

サポートジャケットBb+販売ページはこちらから。

\基本性能を備えたモデル/

Bb+FIT WIDE 詳細ページ

※価格35,200円(税込み)

\さらなる一体感を持つ上位モデル/

Bb+PROⅢ 詳細ページ

※価格49,500円(税込み)

ご相談は以下の電話番号もしくは問合せフォームからご連絡ください。

お気軽にご相談ください

お問合せ

-パワーアシストスーツ