パワーアシストスーツ

パワーアシストスーツ(PAS)で働く人の腰や関節の負担を軽減!

サポートジャケットBb+シリーズ

サポートジャケットBb+シリーズ

パワーアシストスーツは、腰をはじめとした関節や筋肉の負担を軽減し、仕事の効率を向上させてくれる画期的な発明品です。

この記事では、アシストスーツがどのように働く人々の負担を減らしているのか、具体的な導入事例とともに詳しく紹介していきます。また、アシストスーツの選び方や注意点も解説していますので、これから導入を検討されている方にもぜひご参考いただければと思います。アシストスーツについて知っておくべきポイントをまとめているので、ぜひ最後までお読みいただけると嬉しいです。

本記事で取り上げる内容は以下の通りです。

ポイント

  • アシストスーツの仕組みと効果
  • 現場で活躍するアシストスーツ導入事例
  • おすすめのアシストスーツメーカーと製品一覧
  • アシストスーツの導入に向けた注意点

東証スタンダード上場企業×金沢大学が10年以上の歳月をかけて、研究開発改良を重ねたパワーアシストスーツ。

特許技術Bb+(バックボーンプラス)搭載のサポートジャケットBb+、私が導入を決めた理由がこちら。

パワーアシストスーツ(PAS)とは|パワースーツ/パワードスーツ/サポートジャケットとの違いと定義

アシストスーツの歴史自体が浅いため、似通った呼び名が多く存在します。

これらのワードは、しっかりと定義されたものでもありません。

同じものを指している場合もありますし、まるで別のものを指している場合もあるので、注意が必要です。

私自身、知らない時には、なんとなくパワードスーツで検索して、アシストスーツという単語を知りました。

なので、あくまでざっくりとした曖昧なイメージとしての分類となりますが、それぞれの呼び方の違いを以下にまとめておきます。

パワーアシストスーツとは|業種問わず広く導入が広がっている

アシストスーツとは、身体の動きをサポートし、作業時の負担を軽減する機能を持った製品です。主に介護、製造、物流、農業などの現場で活躍しており、筋肉や関節にかかる負荷を減らすことで、負傷リスクを減らし、また、負荷軽減による効率アップにより、作業時間を減らします。

作業時間の違い

作業時間の違い

引用:【サポートジャケット(Bb+PRO)】三井化学株式会社様の声 動画内より

「パワーアシストスーツ」というように、パワーが付く呼称の場合もあります。

「PAS」と頭文字を抜いた略語が使用されることも多くなりつつあります。

非動力(パッシブ)タイプであることが多いですが、動力(アクティブ)タイプのものもあります。

全体を包括した呼称と言えるかもしれません。

あくまで、個人の力をサポートする役割のものであり、能力以上の力を引き出すことはできません。

注意ポイント

  • 悪い例:30kg以上持ち上げられない人が、軽々と持ち上げられるようになることはありません。
  • 正しい例:30kgをいつも持ち上げている人が、いつもより負担を感じずに持ち上げることができるようになります。

人工筋肉を目指したもの、強化外骨格を目指したものなど、様々な種類が販売されています。

人工筋肉を搭載したものは、マッスルスーツなどと呼ばれる場合もあります。

また、ゴムや空気、バネなどの力を利用し、動力は搭載しないことが多いため、数万円~20万円程度と、比較的安価に導入できる商品が多くそろっています。

パワースーツ/パワードスーツとは|強力な動力タイプが多い

created by Rinker
¥330,000 (2024/06/25 10:21:21時点 楽天市場調べ-詳細)

一方、パワースーツやパワードスーツは、アシストスーツよりもさらに強力な補助力を持ち、重量物の持ち運びや、運搬などに適しています。

電動タイプである場合が多く、数十万円~数百万円と非常に高価なタイプが多いです。

高価であることも加え、あまり市場には出回っておりません。

大企業でないと、導入に二の足を踏んでしまう金額ですよね。

1枚だけあっても意味がないですから。

また、一般利用ではなく、軍用利用も多くの開発がされています。

パワードスーツというと、民間に出回らない特殊な軍用スーツを指すことの方が多いかもしれません。

そういったスーツの価格は、開発費も含めると天文学的な数字になってしまうでしょう。

サポートジャケットとは|株式会社UPRが開発したスーツの商標

サポートジャケットBb+シリーズ

サポートジャケットBb+シリーズ

サポートジャケットは、UPR株式会社が開発、販売しているアシストスーツの名称です。

強化外骨格バックボーンプラスを搭載し、腰や背中の筋肉をサポートし負担を軽減、さらに理想的な姿勢へ誘導します。

サポートジャケットBb+シリーズとして、豊富なラインナップがそろっています。

非動力タイプの商品が多いですが、動力タイプのEp+ROBOも販売されています。

サポートジャケットBb+FIT WIDE詳細ページ

UPR株式会社とは|パレット事業の上場企業/物流で働く人の悩み改善のために

もともとパレット株式会社であるユーピーアール株式会社は、1979年に設立された日本の東証スタンダード上場企業で、東京と山口に本社を構えています。資本金は9,600万円で、2023年8月期の売上高は連結で148億円、単体で143億円となっております。

また、同社ではパレット等の物流機器のレンタル・販売事業やアシストスーツ事業、物流IoT事業などを展開しており、デポも全国各地に約190カ所設けられています。詳細な組織図や連絡先については、ホームページで確認することができます。

アシストスーツ事業においては、作業者の腰への負担を軽減し、姿勢をサポートする機能が備わった製品が提供されており、介護や製造、物流などの現場で活躍しています。

物流にたずさわる中で、労働者の負担を軽減させる目的でサポートジャケットが開発されました。

それぞれの違いまとめ

それぞれの違いを箇条書きにてご紹介します。

 アシストスーツパワー(ド)スーツサポートジャケット
タイプ非動力タイプ/動力タイプ動力タイプがメイン非動力タイプ/動力タイプ
効果あくまで自力の補助自分の力以上を使えるあくまで自力の補助
価格1万円~数十万円数十万円~3万円~数十万円
重量超軽量~中程度
数百g~4kg程度
中程度~重い
3kg~7kg程度
軽量or中程度
約600g~3.4kg

いずれの製品も、使用環境や必要なサポート力によって選択することが重要です。また、サイズや価格、実現したい効果も考慮することで、最適な製品を見つけることができます。日本の企業やメーカーでは様々な種類のアシストスーツやパワーアシストスーツが開発されており、それぞれの製品に特徴や機能が異なりますので、選び方は慎重に行うことが求められます。

アシストスーツ全般で注意しておきたいポイント

また、大きなポイントとしておさえておきたいのが、医療機器ではないということです。

なので、腰痛が治る、関節痛が治るといった効果は期待できません。

あくまで、作業時の負担を軽減し、受傷リスクを減らす目的のサポート機器となりますので、目的を間違えないようにしましょう。

 

アシストスーツは医療機器ではなく、腰や身体の負担を軽減するためのサポート機器です。適切な使用により、作業中の腰への負担を減らし、長時間の作業や重労働が必要な現場での健康維持に役立ちます。

アシストスーツは、医療だけでなく、製造業や物流、介護、農業などさまざまな分野で活躍しております。主な機能としては、以下のようなものがあります。

  • 腰や腕への負担軽減
  • 姿勢の維持や改善
  • 力の補助やアシスト

各企業により、様々なタイプやサイズの製品が開発されており、ニーズに応じて選択が可能です。価格も多様で、個人でも購入しやすいものから導入しやすいものまで揃っています。

また、アシストスーツを効果的に使用するためには、適切な装着や着用方法が重要でございます。適切な使用方法を実践することで、身体への負担を軽減しながら、より効果的なサポートが可能となります。

アシストスーツは、医療機器ではないものの、作業環境や身体への負担を軽減し、労働者の健康をサポートする優れた機能を持っています。今後もその活用範囲が広がることが期待されます。

作業者の腰・身体的負担を軽減するアシストスーツ

アシストスーツは、作業者の腰や身体にかかる負担を軽減することを目的とした補助装置です。特に重量物の運搬や長時間の立ち仕事、介護現場などでの中腰作業に対して効果が期待されています。

アシストスーツは、独自の機能を持つ腰部や、腕の負荷をサポートするサポーターなどから構成されており、疲労軽減に役立ちます。また、軽量で身体にフィットするデザインが多く、動きを妨げることなく作業が可能です。

日本国内の企業では、製造業や建設業、農業、介護サービスなど幅広い分野でアシストスーツが導入されており、従業員の健康維持や効率向上に貢献しています。

アシストスーツの一覧は、各社の公式サイトで確認することができますが、価格やサイズ、機能性に違いがあるため、用途や環境に応じて選択することが重要です。

外骨格型アシストスーツの仕組みとは?

サポートジャケットBb+WIDE商品画像

サポートジャケットBb+WIDE商品画像

外骨格型アシストスーツは、人間の筋力を補助・拡張する機構を持った装置です。外骨格には、空気圧や電気モーターを動力源としたアクチュエータや、関節部分の支援装置が取り付けられています。

外骨格型アシストスーツは衣服のように身体に装着し、筋肉の動きに合わせてアシスト力が発揮されます。これにより、作業者の筋力を補助し、長時間の立ち仕事や中腰作業での疲労を軽減します。

また、姿勢を保つためのサポート機能や、左右のバランスを補整する機能なども搭載されていることがあります。

人工筋肉型アシストスーツの仕組みとは?

created by Rinker
マッスルスーツ
¥99,790 (2024/06/25 15:21:40時点 Amazon調べ-詳細)

基本的に外骨格型でも人工筋肉型でも役割や目的は同じです。

人工筋肉型アシストスーツは、腰や身体の負担を軽減し、作業をサポートする機能が備わった装置です。これは、医療機器ではなく、腰痛予防を目的としたサポート機器として使用されます。

仕組みとしては、人工筋肉を模した素材や機器を利用し、筋肉に負担をかけずに力を補助することが可能です。主に以下のような利点があります。

  • 身体の負担軽減: 長時間の作業や重量物の運搬などで発生する負担を、アシストスーツの力で補助し、腰や筋肉への負担を減らします。
  • 姿勢維持: 中腰作業や不安定な姿勢でも、アシストスーツがサポートし、正しい姿勢を保つことができます。

人工筋肉型アシストスーツは、製造現場や物流、介護、農業など様々な環境で活躍することが期待されており、身体への負担を軽減しながら作業効率を向上させることができます。また、適切なサイズやタイプの製品を選ぶことで、着用者にフィットしたサポートが実現されます。一方でアシストスーツが医療機器ではないため、治療目的の使用には向いていないことを理解しておくことが重要です。

腰痛の原因とアシストスーツの予防効果

腰痛は、中腰作業や重量物の運搬、長時間の立ち仕事など、繰り返される姿勢や負担によって筋肉や関節にダメージが蓄積し、痛みや炎症が発生することが原因です。

アシストスーツは、腰痛予防に効果が期待される理由として、以下の点が挙げられます。

ポイント

  • 姿勢の安定: サポート機能により、適切な姿勢で作業を継続できるため、筋肉や関節にダメージが溜まりにくくなります。
  • 筋力の補助: 荷物の重さや作業中の負担が分散されるため、腰部への負荷が軽減されます。

アシストスーツを使用することで腰痛のリスクを低減することが可能であり、作業者の健康や生産性向上に寄与します。

※ただし、あくまで腰の負担を軽減する目的であり、予防に過ぎませんので、腰痛が治ったり、確実に腰痛を防ぐものではありません。

現場で活躍するアシストスーツ導入事例

様々な現場でアシストスーツが導入されており、その効果が実感されています。以下は、いくつかの導入事例です。

  • 建設現場: 軽量なアシストスーツが活用されており、作業者の腰痛や疲労の軽減に効果が報告されています。
    →国土交通省が実証実験を実行中。
    国土交通省 建設施工における人間拡張技術の導入
  • 農業: 農作業においてもアシストスーツが利用されており、施肥や収穫作業の負荷を軽減できる効果があります。
    →農林水産省をはじめとし、スマート農業事業の一部として推進。
    スマート農業推進フォーラム2020 アシストスーツ
  • 介護現場: 介助作業の負担を軽減するアシストスーツにより、介護士の労働環境が改善されています。
  • 物流倉庫: 荷物の運搬業務においてもアシストスーツの活用が進んでおり、効率向上や労働者の健康維持に貢献しています。

アシストスーツは、さまざまな現場での労働環境改善や作業効率向上に貢献しており、今後もその活用が広がることが期待されます。

物流業界でのアシストスーツ活用法

物流業界では、重い荷物の運搬や長時間の立ち仕事が多く、従業員の身体への負担が大きいため、アシストスーツが役立ちます。アシストスーツを使用することで、腰部の負担軽減や筋肉への補助力が得られ、身体の疲労が減少します。

また、アシストスーツは作業効率の向上にも寄与し、作業時間の短縮や労働事故の防止にもつながります。例えば、倉庫での荷物の運搬作業や梱包作業など、アシストスーツを活用することで、従業員の働きやすさが向上します。

導入時には、スーツのサイズや機能など、従業員のニーズに合った選択が重要です。適切なアシストスーツを選ぶことで、物流業界での働きやすさと効率が向上し、企業と従業員の双方にメリットが生まれます。

製造業で効果を発揮するアシストスーツ

製造業では、重量物の取り扱いや長時間の作業が多く、アシストスーツは身体への負担を軽減する効果が期待できます。また、精密な作業や繊細な動作も必要とされるため、アシストスーツの力の補助機能が大いに役立ちます。

製造現場でアシストスーツを用いることで、作業者の姿勢維持や筋肉疲労の軽減が図られ、作業効率が向上します。さらに、アシストスーツは労働災害のリスクを低減し、安全面でもメリットがあります。

一方、製造業は様々な分野がありますので、導入する際は、使用環境や作業内容に応じたアシストスーツの選択が重要です。適切なアシストスーツを採用することで、製造業の現場での効果が最大限に引き出されます。

介護現場でのアシストスーツの導入例

介護現場では、利用者の介助や身体移動のために、職員が多くの力を必要とする作業が日常的に行われます。アシストスーツの導入は、介護職員の腰や肩などへの負担軽減、筋力のサポートに役立ちます。

例えば、腰部への負担を軽減するタイプのアシストスーツは、ベッドから車いすへの移乗介助や、立ち上がりのサポートに活用できます。また、アシストスーツは作業効率の向上にも寄与し、職員の疲労軽減につながります。

導入にあたっては、スーツの機能やサイズ、利用者のニーズに合わせた選択が重要です。適切なアシストスーツを選ぶことで、介護現場での働きやすさと利用者の快適さが向上します。

農業分野におけるアシストスーツの活用

農業分野では、長時間の中腰作業や重い荷物の運搬が日常的に発生します。アシストスーツを活用することで、農作業者の腰や筋肉への負担を軽減し、作業効率が向上します。

例えば、収穫作業や草刈り作業での中腰作業には、腰部への負担を軽減するアシストスーツが適しています。また、獣害対策のための重量物運搬や、畑作業での移動にも、力の補助機能を持ったアシストスーツが役立ちます。

農業現場においても、アシストスーツの選択は重要です。作業内容や必要なサポート力に応じた適切なアシストスーツを選ぶことで、農業作業の効率化や労働災害のリスク低減が実現します。

アシストスーツの選び方と商品一覧

アシストスーツを選ぶ際のポイントは以下の通りです。

ポイント

  • 目的に合った機能を持つか
  • 快適に着用できるサイズがあるか
  • 使用環境に適しているか
  • 価格が手ごろであるか

また、アシストスーツは企業向けや個人向けの製品も多く販売されており、さまざまなメーカーから選ぶことが可能です。

いくつかのおすすめアシストスーツとしては、ユーピーアール株式会社の「サポートジャケットBb+」や、イノフィス株式会社の「マッスルスーツ」などがあります。これらの製品は、作業環境や用途に応じて選ぶことができ、効果的にアシストスーツを活用できます。

適切なアシストスーツを選ぶことで、作業の効率化や身体への負担軽減、労働災害の防止に役立ちます。自分のニーズに合ったアシストスーツを選び、快適な作業環境を整えましょう。

主なアシストスーツメーカーと製品

アシストスーツは、作業の負担を軽減し、身体への負担を減らす製品です。以下に、一部のアシストスーツメーカーと製品を紹介します。

  • ユーピーアール株式会社「サポートジャケットBb+」
  • イノフィス株式会社「マッスルスーツ」
  • 株式会社ラクエモン「楽衛門」

メーカーによって製品の機能や価格が異なるため、使用環境や効果を考慮しながら選ぶことが重要です。サイトで製品の一覧や概要を確認することができます。

アシストスーツの価格帯と性能比較

アシストスーツの価格帯は、製品や機能によって異なります。

非動力(パッシブ)タイプと動力(アクティブ)タイプで大きく価格が異なります。

ポイント

  • 非動力タイプ:1万円~50万円程度
  • 動力タイプ:50万円~150万円程度

まさにピンキリの様相がすごいですよね。

元々は企業向けに開発されていたことと、研究開発費用などがかさんだことから、どうしても高価格帯にならざるを得なかったのでしょう。

しかし、ここ最近では、低コスト、低価格を実現する商品がかなり増えてきています。

安くはない買い物ではありますが、3-5万円程度であれば、個人でも十分に手が出せる金額ですよね。

 

また、性能については価格が高ければ高いほど、補助力や使いやすさが向上するのは確かですが…

それに見合った金額であるかどうなのかは、よく検討する必要があります。

加えて、動力タイプのものは、強力なサポートがある反面、装着具自体の重量が3kg-5kgなどと、負担になってしまう本末転倒なケースがあります。

屈強な男性であれば問題ないかもしれませんが、高齢者や女性などのサポートといった面から考えると、体重比率的にはやめておいた方がいい場合もあります。

必要な機能や効果に応じて適切な製品を選ぶことが大切です。また、サイズや着用感も性能比較のポイントです。

アシストスーツの導入に向けた注意点

アシストスーツの導入に際しては、以下の点に注意してください。

  • 製品の選び方: 使用環境や目的に合った製品を選ぶことが大切です。また、機能や価格を比較検討し、適切な製品を選びましょう。
  • 安全性: 製品の安全性や保護機能、使用方法に注意してください。正しい使い方を学び、事故を防止しましょう。
  • サイズ選び: 装着者の身体に合ったサイズを選び、快適な着用感を確保してください。注意すべき点は、筋肉や関節の動きに影響しないことです。
  • 保守管理: アシストスーツは定期的なメンテナンスが必要です。適切な保守管理を行い、製品の寿命を延ばしましょう。

装着やサイズ選びのポイント

アシストスーツの装着やサイズ選びにおいては、以下のポイントが重要です。

  • - 身体に合ったサイズを選ぶ: 装着者の身長や体型に合わせたサイズを選びましょう。
  • - 着用感を確認する: 試着して、動きやすさやフィット感を確認しましょう。また、長時間の使用に適しているかどうかも確認が必要です。
  • - 可能な限り軽い製品を選ぶ: 軽量な製品ほど身体への負担が少なく、作業効率が向上します。

導入企業から聞くアシストスーツのメリット・デメリット

アシストスーツは、作業の負担を軽減し、効率を向上させるために多くの企業が導入を検討しています。主に製造業や物流、建設現場などで活躍しており、多くの労働者の負担を軽減する手段として注目されています。

しかし、デメリットも存在しますので、導入企業から聞いたメリット・デメリットをお伝えしましょう。

まず、メリットの代表格は、腰や腕への負担軽減です。アシストスーツは筋肉に力を補助し、姿勢や動作のサポートを行います。これにより、身体への負担が軽減され、長時間の作業が可能となります。また、怪我の防止や、作業効率の向上にもつながります。

さらに、介護や医療現場でも、患者の介助や移動時の負担軽減が期待できます。

 

次にデメリットですが、アシストスーツは一定の価格がかかります。企業である場合、一人に配布しても意味がありません。従業員をカバーできる量を導入する際には慎重に検討が必要となるでしょう。

また、機器の保守やメンテナンスにコストがかかることも懸念材料です。さらに、商品によっては、装着に時間がかかる場合があり、その分作業効率が落ちることもあります。

加えて、仰々しく背中側が大きく張り出しているタイプなどは、病院や介護施設の通路や狭い箇所での作業には向きません。

 

導入企業からの声を聞くと、アシストスーツのメリットは労働者の負担軽減や作業効率向上に大きく寄与しており、特に重労働が伴う現場での評価が高いです。一方で、デメリットとしてコスト面や装着の手間が挙げられますが、効果が高いと感じる企業が増えており、導入を検討する企業も多くなっています。

まとめ:アシストスーツで働く人々の負担を軽減

アシストスーツは、働く人々の負担を軽減し、作業効率を向上させる目的で多くの企業が導入を検討しています。特に重労働が伴う現場では、腰や腕の負担軽減や怪我の防止に効果的です。デメリットのコスト面や装着の手間は存在しますが、効果が高いと感じる企業が増えており、アシストスーツの需要は今後も高まるでしょう。

貴社でもアシストスーツの導入を検討してみてはいかがでしょうか?ぜひ導入事例や製品の詳細に目を通して、労働者の負担軽減策の一つとしてご検討ください。

東証スタンダード上場企業×金沢大学が10年以上の歳月をかけて、研究開発改良を重ねたパワーアシストスーツ。

特許技術Bb+(バックボーンプラス)搭載のサポートジャケットBb+、私が導入を決めた理由がこちら。




    郵便番号 (必須)

    都道府県 (必須)

    市区町村 (必須)

    それ以降の住所 (必須)

    お問合せ商品モデル

    年齢

    性別

    ご希望サイズ
    ※あらためてサイズ表をご確認ください。

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    お客様の声をお寄せください

    Googleで評価する

    Googleクチコミ用QRコード

    各種クレジットカード/QR払い対応

    カテゴリー

    -パワーアシストスーツ